psyandcoの備忘録

うつの当事者。休職、退職を経て就労移行支援利用中。セルフモニタリングとWebマーケティングの勉強のため日々の雑感を記録したいと思います。

お世話になった人に感謝を言えないまま先立たれてしまいました。

今夜、私を前職に誘ってくれた当時の社長が亡くなりました。

 

退職後は地元に戻り、病を得てからは療養をされていました。

 

私が休職した後はさらに疎遠になってしまいました。

親からも連絡するようにと言われていましたが、自分のことにかまけてできずにいました。

そしてそのまま私は退職となりました。

 

治療の結果、快方に向かったと聞いていたので、

お話しする機会を永遠に失ったことはショックであり、また一つ罪を背負ったのだと自覚しました。

 

被害者意識に囚われて、どうやって復讐してやろうかとその事ばかり考える日々を過ごしてきました。

人を欺いて生きる後ろめたさを、自分自身を正当化することでなんとか保ってきました。

でも耐えきれなくなった時、神様に導かれました。

 

今、私が感じている罪悪感は、明確に私が被害者である事を否定しています。

 

少なくとも社長に対してだけは、誠実に向き合うことができればよかった。

 

それが出来ない今は何をすればいいが、途方にくれるばかりです。

また嫌な考えが頭をもたげてきて、怒りを、心をコントロールできなくなりそうです。

 

酒を飲みましたが今夜は眠れそうにないです。

 

今は聖書を開き神様に依り頼む他ありません。

【恋活】障がい者の恋愛事情。人間だもの当たり前【婚活】

クリスマスのカップルのイラスト

この記事では障がい者の恋愛について思うところを述べます。

仕事もしたことがないのに福祉で自由気ままに生きる障がい者を、

どうしようもない連中だなと思うこともあります。

 

しかしそれは少し酷なのではないかと最近は感じています。

欲求不満な私は、非常に怒りをためやすい性格をしています。

障がい者でうっぷんを晴らしていたのかもしれません。

 

それが私のうつの回復を妨げている気がします。

自戒を込めて、障がい者の恋愛について思うところを述べます。

 

障がい者の類型

私の周りにいる障がい者は大きき三つに分けられます。
  1. 一度社会に出たものの不適応を繰り返し脱落した人
  2. 人生の初期の段階で引きこもり、不登校などで脱落した人
  3. ずっと障がい者として暮らしてきた人

私は1になります。すべての人が同じくらいの割合でいるように思います。

1の人は非常に自己嫌悪、欲求不満に陥りやすくなっています。

これまでできたのに、あるいわなぜ人と同じようにできないのかと抑うつ的になるのです。

 

一方で2や3の人たちは非常に明るく元気な印象を受けます。

かりに2の人たちをベテラン障がい者、3の人たちをプロ障がい者とします。

 

これらベテランとプロが、1の人たちというか私にはイライラさせる原因となっています。

「いい気なもんだな」

「期待されていないひとはいいな」と。

 

働かざるもの食うべからずの本当の意味

私たちはいろいろな価値観を持っています。

その一つが「働かざる者、食うべからず」ではないでしょうか。

 

だからこそ脱落した自分を認めることが出来ないし、

開き直ることで欲求不満から解放されることを阻むのです。

 

しかしこの解釈は社会主義の亡霊です。

この言葉が法律に盛り込まれている国はすべて旧ソビエト圏です。

もともとは聖書のことば

「あなたがたのところにいたとき、働きたくない者は食べるな、と私たちは命じました」ロニケ人への手紙 第二 3章10節 新改訳2017

これは聖書の他の部分に出てこない句です。おそらくよほど当時のテサロニケの人々の行いがひどかったのでしょう(笑)

 

かといって聖書に書かれているのですから、それを信じるのがキリスト者の務めです。

この句が障がい者や働けない弱者が虐げられる一因となってきたのは事実でしょう。

当事者としては胸が張り裂けるほどの苦しみかもしれません。

 

でも安心してください。聖書はこう続けるのです。

「しかし、敵とは見なさないで、兄弟として諭しなさい」3章15節

 

なぜ障がい者はのんきでいられるのか

これまで私は、そもそもあきらめている人と考えてきました。

恥を知らないかわいそうなひとたちであると。

 

しかし就労移行支援で身近に接するうちに若干変化しました。

 

周りの支援者がのぞむ弱者を演じるしかないのだと。

彼らも人間です。こうしたいああしたいという気持ちがあったでしょう。

でもことごとく失敗して、ストレスと挫折を味わってきたはずです。

 

そして障がい者として生きることで、あきらめたのです。

周りが望む困難に前向きに頑張っている人間を演じれば、

楽に生きることができると。家族も安心するのだと。

 

障がい者自己実現の場はあるか

しかし環境が変わってきました。

これまでは障がい者という枠の中で生きていればよかった。

これからは障がい者を社会参加させることで、

相対的に社会コストを削減しようという流れになってきました。

 

それが障害者雇用促進法などの施策の趣旨でしょう。

ここで障がい者は方向転換を迫られます。

プロ支援者から一般人を味方にする必要が出てきたのです。

 

障がい者に訪れた試練

そんなベテラン障がい者、プロ障がい者にはつらい時代と言えます。

企業の人間は法律で決まっているから仕方なしに雇用しています。

やらされている感があります。

往々にしてやらされ感はモチベーションを下げます。

 

これまで以上に傷つき、脱落する人が出てくるでしょう。

 そんな時、私は兄弟として諭すことができるでしょうか。

人間だもの当たり前

先日、事業所の周辺を歩いていたら見覚えのある人がいました。

同じ事業所に通う男女でした。

 

女性のほうは楽しそうに、男性に話しかけていました。

彼らから恋愛を取り上げる事などできません。

他には何もないのだから。

生きてく強さが必要なのだから。

 

 

【障害年金】うつとお金。困った時に利用できる経済支援制度まとめ。手続きはお早めに【生活保護】

お金に目がくらんだ人のイラスト(男性)
この記事では、うつで働けなくなった経験をもとに、経済的な支援を受けられる制度をまとめます。

 

手続きに時間がかかるので、迷っているなら申請してみましょう。

 

心苦しいかもしれませんが、大事なのは社会復帰をする事です。

それが自分にも、周りの人間にもベストなのですから。

 

 

休職中にもらえる「傷病手当金

会社の加入している健康保険組合から、

定められた期間にわたって月収の8割ほどが、

傷病手当金として支給されます。

 

私の場合は2年間支給されました。

お陰様で生活に困ることはありませんでした。

仕事に出かけないとお金を使わないもので、

むしろお金がたまったものです。

 

しかし、ここで重要なのは業務上の傷病は認められないことです。

それは次に説明する「労災保険」が適用されます。

 

病気やケガで会社を休んだとき | 健康保険ガイド | 全国健康保険協会

 

業務上、通勤災害による傷病が対象の「労災保険

これはいわゆる労災です。

私も業務上の傷病だと思って傷病手当金の申請をしたら、

会社からそれなら労災を使ってくださいと言われました。

その場合は会社でサポートはしない。

会社の社労士は通らないだろうと言っている。

などとプレッシャーをかけてきました。

 

自分のしてきたことが仕事ではないといわれた気がして、非常に悔しい思いをしました。

会社と争う気力もなかったため、泣く泣く傷病手当金を申請しました。

労災保険給付請求手続き l 公益財団法人 労災保険情報センター

 

医療費が1割負担になる「自立支援制度」

私は退職して、傷病手当金もなくなって初めて申請をしました。

 

私は新薬を処方されていたので、かなり医療費がかかっていました。

 

もっと早くに申請していれば、負担はかなり軽減された事でしょう。

 

毎月の医療費が三分の一になるのは大きいですよ。

 診断書をはじめとする書類作成費用は適用されませんので注意です。

自立支援医療(精神通院医療) - Wikipedia

 

障がい者手帳がなくても支給される「障害年金

これはかなり手続きが面倒です。

ですがしっかりとした書類を用意することができれば、

かなり貴重なサポートになります。

 

というのも初診日から一年半後に遡って、

支給される可能性があるからです。

長い間治療を受けている人には朗報です。

 

そうでなくても事後重症といって、

症状が悪化してから認められる場合もあります。

 

そして今後は毎月一定額の年金の支給があります。

窓口は年金事務所になります。詳しくはリンクを参照して下さい。

www.shougai-navi.com

 

最後の手段「生活保護

これが一番大きい経済的な支援です。

ですが認定されるまでに厳格な審査があるようです。

 

私の事業所に通う人間も生活保護を受給している人がいます。

 

私も今後はどうなるかわかりませんので検討をしています。

生活保護を受けるためには、住居の制限を受ける可能性があります。

簡単に言えばいい部屋に住んで多額の家賃を払うのは認められないという事です。

www.mhlw.go.jp

 

まとめ

  • 実家暮らしでサポートがある人も負担軽減のために、また将来的には自立を志向して利用して欲しい。
  • 少しでも早く社会復帰をするのが自分にも、社会にとっても有益。そのために経済的なネックがあるなら支援制度を利用してみるべき。
  • 就労してからも利用できる制度もある。引き続き治療が必要な場合は申請してみよう。働き続けることが自分にも社会にもメリットになるので遠慮はしない。

 

 

 

 

 

【レビュー】うつが引越し見積もりサイトを使って引越ししてみたら、いろいろわかった【まとめ】


この記事では引越しの料金比較サイトをレビューしたいと思います。

 

分かったことは

  • 一括で見積もり依頼はできるが、結局訪問見積もりなので手間は大して変わらないこと。
  • 業者によって値引きに前向きでないところがあること。
  • 積極的すぎて鬼電がつらいこと笑笑

などです。

基本的に労働集約産業なので、値切らない方がいいかもしれません。

 

あまり値切ると慣れないバイトが来るかもしれません。

閑散期の今は社員のみですし、結果としてよかったのではないかと思います。

 

引越し比較サイトのまとめも載せましたので、

参考にしてみてください。

 

 

引越し見積もり比較サイト?

簡単に言えばワンストップで引っ越し業者に見積もり依頼をできるサイトです。

今回引越しするにあたり、利用をしてみました。

キーワードは「引越し」「マンション内」「見積もり」などです。

 

引越し侍

今回は敷地内移転でしたので、引き受けてくれるかどうかが心配でした。

 

キーワードで検索してみると、ヒットするサイが見つかりました。

そのサイトから見積もりの一括請求をすると、引越し侍というサイトに飛びました。

 

後述しますが最初にヒットしたサイトは、アフィリエイトサイトに見えますが、

実質的にATEAMの運営するサイトでしょう。

かならず引越し侍に飛びますので。

 

何社か紹介してくれる

メールで数社を紹介してくれます。

その前に紹介された業者から直接コンタクトがありました。

 引越しのサカイ

特に熱心?だったのが引越しのサカイでした。

依頼したとたんに電話がかかってきました。

夜の11時を過ぎていました汗

その後も昼夜を分かたず電話があり非常に迷惑でした。

結果、依頼はしませんでした。

 

アリさんマークの引越社

紹介された電話番号に電話をかけてみると、

アリ「どのくらいの予算を考えていますか?」

他社の見積もり金額を伝えると、

アリ「うちは引越し専門なので、その金額じゃ無理ですね」

値引きには一切応じようとはしませんでした。

結果、依頼はしませんでした。

 

ケーエー引越しセンター

ここの特徴は見積もりが電話で済んでしまうところです。

詳細を電話で伝えると、先方で勘違いがあったようでさらに安くなりました。

いちいち見積もりのためにスケジュール調整する手間がないのが良かったです。

 

アート引越センター

結局ここにしました。見積金額はかなり高かったです。

営業マンが少し頼りない人で、値引ができずにがっかりでした。

 

見積もりサイト一覧

www.ohikkoshi.net

hikkoshi.suumo.jp

 

  

hikkoshi-navi.net

 

ATEAMは下記のサイトも運営してるみたいです。

 

まとめ

  • アフィリエイトサイトの記載内容と、変遷先の見積もりサイトの内容がちがうので気を付けるべき
  • 結局は自分で各社見積もり依頼するのと手間は大差ない
  • 見積もり金額は季節、人数、時間帯がフリーで決まる

 

 

 

【レビュー】うつ当事者がおすすめアトピー性皮膚炎を改善するビオチンの効果【サプリメント】

自分磨きのイラスト(男性)

この記事ではアトピー性皮膚炎の改善に効果を感じる、

サプリメント「ビオチン」についてお話します。

私は生まれたときからアトピー性皮膚炎でした。

小さい頃はかゆくて非常にストレスを感じていました。

大人になるにつれて症状は緩和してきましたが、

いまだにかゆみを感じて、かきこわしてしまいます。

 

また、就労移行支援事業所に通所していて感じるのは、

アトピー性皮膚炎や肌荒れを持つ人が多いことです。

アレルギーと精神疾患の因果関係があるのかもしれません。

私が試したビオチンのレビューをしたいと思います。

困っているひとの役に立てばうれしいです。

アトピー性皮膚炎とストレス

アトピー性皮膚炎の人は常にストレスを感じています。

少しのことでかゆみがでて我慢しています。

かきたくても背中などは届きません。

それに人前でぼりぼりするのは気が引けます。

 

書いたとしても、肌に傷がついて出血し、

かさぶたが出来て、最終的にはあとが残ってしまいます。

 

かゆみや肌の見た目は非常にストレスを感じます。

QOLを落とすことにつながっている人は多いのではないでしょうか。

 

薬の服用は内臓に負担をかけている

精神疾患やその他の疾患を抱えている人は、

日常的に服薬をしていると思います。

服薬は多かれ少なかれ内臓に負担をかけています。

 

服薬の弊害として掌蹠膿疱症を発症することがあります。

ビオチンの効果

ビオチンには掌蹠膿疱症を改善する効果があります。

わたしも掌がかゆくてしかたなかったとき、

Amazonのレビューをにてビオチンを購入しました。

 

実際に飲んでみると、私の場合はかゆみや皮膚のはがれがなくなりました。

そして体のかゆみも軽減していることにきづきました。

 

私は逆流性食道炎をもっているので、ひどくなるとかゆみがでます。

そのときはビオチンをのむと体のかゆみが減るように感じています。

その他の効果

  • 髪の毛が生えてくる、こしが生れる
  • 腸内環境を改善してくれる
  • 爪がきれいになる
  • 肌の改善に全般的な効果がある

まとめ

  • 抗うつ剤を服用しているひとは内臓に負担がかかっている。副作用として掌蹠膿疱症が出ることがある
  • 医者にかかると費用も高いし、また薬がふえてしまう
  • そんな時はビオチンで代用することで低価格で効果を感じることが出来る

 

 

 

【オピニオン】就労移行支援事業の限界。障害者雇用の内側からの提言【就労移行支援】

f:id:psyandco:20181103000616p:plain

 この記事では就労移行支援が抱える課題と、

普段、感じている疑問を元に提言を書きます。

 

前回に引き続き障がい者雇用の観点から、

就労移行支援の提言をしたいと思います。

 

出戻り障がい者の憂うつ

就労移行支援を経て就労することができても、

挫折してで戻ってくる人が居ます。

なぜこのような悲劇が起きるのでしょうか。

 

その人の話を聴くと、職場で放置されてやることが無いとのこと。

いまだそのショックを引きずってしまい、

勇気を持てずうつうつと復帰できていない状況なのです。

 

これは本当によくわかります。

私が勤めていた会社も当時そのような状況でした。

仕事を与えないのは、一般就労では一種のパワハラです。

 

しかし障がい者雇用ではような状況がうまれやすいリスクがあります。

雇用するという義務を果たせばそこで終わりだからです。

 

www.sbbit.jp

障がい者手帳を取得させる

これには就労移行支援の問題もあるでしょう。

事業者は後述の通り、利用者を就労させる動機が生じにくい構造です。

できるだけ長くゆっくりしてもらって、

最後は障がい者手帳という錦の御旗で、

企業に押し込むことができればいいのですから。

 

そのため、利用者に障がい者手帳を取得させるのです。私も何度も言われました。

 

一方で利用者の教育投資には及び腰になります。

1日あたりの金額×通所日数=売上なので、

教育にコストをかけると利益が減るわけです。

それでは、なぜ就労移行支援事業所はこのような行動に出るのでしょうか。

 

就労移行支援の制度的な限界

就労移行支援の事業者はどのように経営しているのでしょうか。

就労移行支援事業所の収益源は、

  • 毎月の利用者に応じた国庫負担金
  • 本人負担利用料(まず無い)
  • 障がい者求人の掲載料
  • 障がい者の就職あっせん手数料

などが考えられます。

 

それでは事業所の経営者は、どのように行動するのが合理的でしょうか?

ながくいてもらいたい

たとえば2年間の利用期限があるとすると、

できるだけ長くいてもらうことが収益最大化になります。

その間売り上げが毎月立つわけですから。

これは利用者の置かれている状況次第では、

デメリットになりえます。

事業所経由で就職をしてもらう

これは手数料が発生するためです。

一般の転職エージェントと同じ収益です。

当然、事業者は利用者に対して独自の就職活動を制限するでしょう。

ですがこれは明確な人権侵害にあたると考えます。

日本国憲法第22条第1項において「何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択 の自由を有する。」 と規定されています。

いわゆる「職業選択の自由」です。

ですからあからさまに制限することはないでしょう。

私は場合は事前に報告、相談するようにという話をされました。

就労移行支援のプラットフォーム事業とは

二つの可能性が考えられます。

まずは企業からの求人広告の掲載手数料です。

 

ですが、通常の求人と違い民間の事業者に広告を依頼することはおそらくペイしないでしょう。

 

有料の求人広告は、そのエージェントが抱える人材が、相対的に付加価値を出せる場合にのみ効果があります。

 

障がい者雇用は、人材の能力ではなく手帳の有無というのが評価軸だからです。

もちろん持っていても落ちる人はいます。

 

そもそもほとんど無料のハローワークという強い競合が存在しますし。

これは通常の転職エージェントに比べて低収益になる原因の一つでしょう。

日本の障がい者にあまねく機会を提供する

プラットフォーム事業のもう一つの可能性は、

小規模の就労移行支援事業者をつなぎ合わせることで、エコシステムを構築することと言えます。

 

やはり地方の障がい者はチャンスが少ないです。

私の通所する事業所にも、就労をめざして地方から出てきている人もいます。

当事者にとっては負担を感じることが多いかもしれません。

 

大手の事業者が出店しないような地域にも、

障がい者の就労移行支援は必要なはずです。

そこで地場の支援者にフランチャイズシステムを提供する。

あるいわ、事業所の広告をプラットフォーマに掲載する。

このような事業を通じて利用者、事業者、プラットフォーマが、それぞれレベニューシェアを図るというものです。

これはまだまだ時間がかかるかもしれません。

 就労移行支援における三方よし

それでは利用者、就労移行支援事業者、企業の三者にとって、

三方よしのシナリオを考えてみることにしましょう。

 

就労移行支援のマネタイズの改革

このように利用者に教育投資をする誘因が働かないのは、

  • マネタイズの手段が限られているせい。
  • 教育しても能力を発揮するチャンスがない。

からと言えます。

そこで事業者、支援者、企業、および政府のできることを検討してみましょう。

 

提言

まとめ

  • 政府の役割も重要であるが、受け入れ側の企業が当事者意識をもつことで変わることもある。企業もどうせ雇うならイノベーションを起こす気概を。
  • 就労移行支援事業者は出口戦略を持つこと。そして企業に対して障がい者活用のためのコンサルをする。そのためにリーダー企業が先陣をきって自社で実験をする。
  • 障がい者当事者は、自身の困難に応じてチャレンジをする。甘えない、あきらめない。その姿勢が周りを動かす力になる可能性を秘めていると信じて。

 

 

【オピニオン】特例子会社と言う名のゲットー。障害者雇用の内側からの提言

障がい者雇用の求人を見ていると、

特例子会社の求人をおおく目にします。

 

特例子会社に就職した者の話を聞くと、

充実した就労をしている印象を受けます。

 

一方でデメリットを指摘する当事者もいます。

当事者が書いたブログをご紹介します。

特例子会社で働くメリット・デメリットを経験者が語る - むじなの障害者転職記

 

障害の種類、程度によって判断は必要です。

あくまで私の状況での考え方をもとに、

特例子会社について提言したいと思います。

 

 

特例子会社とは

障害者雇用率制度においては、障害者の雇用機会の確保(法定雇用率=2.0%)は 個々の事業主(企業)ごとに義務づけられている。 一方、障害者の雇用の促進及び安定を図るため、事業主が障害者の雇用に特別の配 慮をした子会社を設立し、一定の要件を満たす場合には、特例としてその子会社に雇 用されている労働者を親会社に雇用されているものとみなして、実雇用率を算定でき ることとしている。 また、特例子会社を持つ親会社については、関係する子会社も含め、企業グループ による実雇用率算定を可能としている。 引用:厚生労働省「特例子会社」制度の概要 

ようするに要件を満たす子会社で障がい者を採用すれば、

親会社の法定雇用率に算入できるという制度です。

親会社で障がい者を雇う義務から解放されるわけです。

 

そのために細かな条件が設けられています。

いくつか挙げると

平たく言うと障がい者がたくさんの会社です。

 

障害者雇用の理念は死んだのか

 はたして特例子会社に障がい者を隔離するのは、

障がい者雇用のめざす姿なのでしょうか。

これには自らも脳性麻痺のお子さんを持ち、

「障害者の経済学」などの著書がある、

中島隆信氏(慶應大学商学部教授)のコメントを引用したいと思います。

本来あるべき障害者雇用とは、企業が本人の能力を最大限引き出し、本業における戦力として活躍できるような働き方を提示することだ。とりわけ精神・発達障害のある人たちの中には高い潜在能力を持ちながら画一的な就労形態への適応が難しいために働けていないケースが多い。こうした人材を活用するソフトウェア型の“働き方改革”は浸透に時間がかかる。

厚労省は性急な法定雇用率の引き上げに向かうのではなく、働き方の見直しという観点から障害者雇用の推進策を考えるべきである。そうすれば、いわゆる障害者だけでなく、すべての人たちにとって働きやすい環境を作ることにつながるからである。引用:東洋経済オンライン 

toyokeizai.net

 

特例子会社なのに特例ではなくなっている

私は障がい者が就労する始めの一歩として、

特例子会社には賛成です。

 これまで就労の経験のない障がい者には、

相対的に中小企業よりもサポートが充実している、

特例子会社がちょうどいいと思います。

 

ですが、現在50%程度とといわれる民間の障がい者雇用の達成率(2018年現在)が、

100%達成したその先が見えないのです。

 

会社名で障害者である事が分かる⁉️

身体に障害がない、精神、発達障がい者は、

見た目では普通のひとです。

よく観察すると「らしい」ところはあるのですが、

普通のひとは判別できないでしょう。

私も就労移行支援事業所に来て思ったのは、

「割りと普通の人たちだな」でした。

 

ところが特例子会社に勤めていると、

何かの障害をもっているとの先入観を与えかねない。

だからなんだという人は幸せだといえます。

なぜなら、障がいを開示している人ばかりでないからです。

 

私のいうゲットーとはこのことを言っているのです。

これは会社名を重要視する日本の信用制度をはじめとする、

慣行においてはデメリットになりえます。

 

障害者雇用を存続させるために

このままでは障がい者と社会が分断される、

広義の「ソーシャル・デス」が固定化してしまう。

 

その先には障がい者雇用が目指すものの真逆の、

「バイオロジカル・デス」の肯定がある気がしてならないのです。

ですから生産性の課題に段階的に取り組むべきなのです。

これは生産性からの脱却でもあります。

 

できる対策を提案する

  1. 特例子会社や中小企業の現場で障がい者雇用を促進する
  2. 企業内にノウハウを蓄積するため、単純な作業だけでなく多様な仕事を任せる
  3. その上で障がいの特性、業務との親和性マッチングを「民間で」見極める
  4. そのために障害者雇用の最適化から、働き方改革へと視点を拡大する

障害者をうちに取り込んだ施策という事です。

企業および社会の全体最適を目指すのです。

そのために就労以降支援が重要性を増します。

それは次回の記事に回します。

 

新版 障害者の経済学

新版 障害者の経済学

 

 

まとめ

  • 障がい者だけでなく、全ての人にとって働きやすい環境という視点
  • コストや利益といった、生産性に変わる価値観の発見
  • そのためには税制優遇などで障がい者イノベーションを促進する