psyandcoの備忘録

うつの当事者。休職、退職を経て就労移行支援利用中。セルフモニタリングとWebマーケティングの勉強のため日々の雑感を記録したいと思います。

【レビュー】うつが引越し見積もりサイトを使って引越ししてみたら、いろいろわかった【まとめ】


この記事では引越しの料金比較サイトをレビューしたいと思います。

 

分かったことは

  • 一括で見積もり依頼はできるが、結局訪問見積もりなので手間は大して変わらないこと。
  • 業者によって値引きに前向きでないところがあること。
  • 積極的すぎて鬼電がつらいこと笑笑

などです。

基本的に労働集約産業なので、値切らない方がいいかもしれません。

 

あまり値切ると慣れないバイトが来るかもしれません。

閑散期の今は社員のみですし、結果としてよかったのではないかと思います。

 

引越し比較サイトのまとめも載せましたので、

参考にしてみてください。

 

 

引越し見積もり比較サイト?

簡単に言えばワンストップで引っ越し業者に見積もり依頼をできるサイトです。

今回引越しするにあたり、利用をしてみました。

キーワードは「引越し」「マンション内」「見積もり」などです。

 

引越し侍

今回は敷地内移転でしたので、引き受けてくれるかどうかが心配でした。

 

キーワードで検索してみると、ヒットするサイが見つかりました。

そのサイトから見積もりの一括請求をすると、引越し侍というサイトに飛びました。

 

後述しますが最初にヒットしたサイトは、アフィリエイトサイトに見えますが、

実質的にATEAMの運営するサイトでしょう。

かならず引越し侍に飛びますので。

 

何社か紹介してくれる

メールで数社を紹介してくれます。

その前に紹介された業者から直接コンタクトがありました。

 引越しのサカイ

特に熱心?だったのが引越しのサカイでした。

依頼したとたんに電話がかかってきました。

夜の11時を過ぎていました汗

その後も昼夜を分かたず電話があり非常に迷惑でした。

結果、依頼はしませんでした。

 

アリさんマークの引越社

紹介された電話番号に電話をかけてみると、

アリ「どのくらいの予算を考えていますか?」

他社の見積もり金額を伝えると、

アリ「うちは引越し専門なので、その金額じゃ無理ですね」

値引きには一切応じようとはしませんでした。

結果、依頼はしませんでした。

 

ケーエー引越しセンター

ここの特徴は見積もりが電話で済んでしまうところです。

詳細を電話で伝えると、先方で勘違いがあったようでさらに安くなりました。

いちいち見積もりのためにスケジュール調整する手間がないのが良かったです。

 

アート引越センター

結局ここにしました。見積金額はかなり高かったです。

営業マンが少し頼りない人で、値引ができずにがっかりでした。

 

見積もりサイト一覧

www.ohikkoshi.net

hikkoshi.suumo.jp

 

  

hikkoshi-navi.net

 

ATEAMは下記のサイトも運営してるみたいです。

 

まとめ

  • アフィリエイトサイトの記載内容と、変遷先の見積もりサイトの内容がちがうので気を付けるべき
  • 結局は自分で各社見積もり依頼するのと手間は大差ない
  • 見積もり金額は季節、人数、時間帯がフリーで決まる